失敗しないポイントとは

看護師

事前にチェックしよう

顔に目立つほくろがあると、どうしても気になってしまいます。治療をするために美容外科クリニックに行くという手段もありますが、失敗しないためにもクリニック選びには慎重にならなくてはいけません。特に、ほくろの治療は1回の手術だけでは終わらず、通院も必要となりますので、必ず自宅の近くや職場の近くなどの通いやすいところを選ぶようにしましょう。また、美容外科クリニックによっては通院回数も異なりますし、施術を受けた人の体質や体調などによっても変わってきますので、事前にクリニックに確認をしておくと安心です。そして、ほくろの治療には保険が適用されるのかどうかという点も、気になるという人も多いのではないでしょうか。保険が適用されるには一定の条件があります。健康保険が使えるところかどうか、皮膚がんや悪性のほくろ、メラノーマの可能性があるかどうか、そして医師や専門家が治療をするべきだと判断するかどうかです。美容外科クリニックの場合、その殆どが見た目を気にしてキレイにしたいという目的のために通いますので、保険適用は難しいと考えておくと良いでしょう。美容外科クリニックに行くと、まずはカウンセリングを受けます。そのため、クリニックによってはカウンセリングに1時間以上掛かりますので、時間に余裕を持って行ける日を見つけておきましょう。また、ほくろの治療を行う前に問診表も書かなくてはいけませんので、大体クリニックには5分前くらいに到着するくらいの気持ちで、時間に余裕を持つと安心です。カウンセリングでは基本的に、今現在のほくろの様子をチェックしてどんな治療が適しているのかというのを、医師が細かくチェックします。それ以外にも、当然患者様がどんな悩みを抱えているのか、どのようにキレイにしたいのかといった話も聞いて、総合的に判断をして方針を決めていきます。ですので、あまり患者様の話を聞かないで高いコースばかりを勧めてきたり、直ぐに治療を開始しようとしたりするようなクリニックは、あまりおすすめ出来ません。ですが、ここで治療を受けませんと何も言わないで、カウンセリングが終わった後に連絡がつかないような形を取るのは社会人としてのマナー違反になります。ここでほくろの治療を受けたくないのであれば、はっきりと電話でも構いませんので一言伝えるようにしましょう。