気になる黒子を取ろう

カウンセリング

美容外科クリニックで治す

ほくろは女性にとってやっかいな存在です。口元のほくろや泣きぼくろは魅力的ですが、場所によっては目立ってしまいます。目の下や頬にできたほくろは老けて見えたり、垢抜けない印象を与えてしまったりします。小さなものより大きなサイズのものは特に目立ち、女性にとってマイナスポイントだといえます。美容外科クリニックの炭酸レーザーは、人気の治療方法です。レーザーを当て、少しずつ患部を削るため、メスを入れる手術と違って小さいもの除去可能です。5分ほどで終わり、痛みはほぼありません。術後は傷が残りますが、だんだん治るので気にならなくなります。目の周りを治療する場合、アイメイクやコンタクトレンズはしないようにしましょう。ほくろができるいちばんの原因は紫外線です。紫外線によってメラノサイトがメラニン色素を作り出すのです。他にも、肌に刺激を与えることもよくありません。できるだけ日焼け止めや傘を使用するように心がけましょう。小さなことに気をつけるだけでほくろは予防できます。日々の日傘や日焼け止めの使用がおすすめです。ほくろの治療は、基本的に自由診療です。美容目的の場合だと保険は適用されませんが、痛みがある場合や悪性ほくろである場合は医師から治療が必要だと判断され、健康保険が適用されます。値段は数や大きさによって変わりますが、目安としてはほくろ一つで5000円から15000円程度です。未成年は親の同伴や同意書が必要となるので、親御さんに相談の上で申し込みましょう。価格はクリニックによってそれぞれ違います。高いクリニックは経験豊富な医師がいる場合が多いですが、反対に安いクリニックは新米の医師が集まっている場合があるので、ベテランの医師がきちんと指導しているかチェックしましょう。また、クリニックに行く前にクリニックについてある程度調べておくことも大切です。う。医師の写真や経歴がきちんと載っていて、クリニックの情報が詳しく載っているところがおすすめだといえます。カウンセリングによってわからないことは解消できるので、ホームページで分からないことは直接医師に訪ねましょう。経験豊富な腕の立つ医師を見極めることが大切です。