色素性母斑を除去する方法

カウンセリング

カウンセリングを受けよう

顔や体にできるほくろは正確には色素性母斑と呼ばれます。小さくて色の薄いものならそれほど気になりませんが、放置しておくと色が濃く大きくなることもあります。特に大きなほくろが顔にあると気になるものです。場合によっては一部分に集中してできる事もあります。ほくろはメラノサイトと呼ばれるメラニン色素細胞が増殖することによりできてしまいます。これは先天的なものと後天的なものとがあり、後天的なものはストレスや睡眠不足、紫外線などが原因としてあげられます。ほくろを除去するには美容外科クリニックがおすすめです。美容外科クリニックなら、ほとんどの場合事前のカウンセリング料は無料となっています。治療法は様々で炭酸ガスレーザーなどを使って焼き切る方法とメスで切除したり、くり抜いたりする場合などがあります。比較的小さいものや数が多い場合はレーザー治療が行われています。またほくろが大きい場合はメスでの治療が行われています。そのほかに電気メスを使った電気分解法といった治療を行うこともあります。美容外科クリニックでは、ほくろを治療したあとの肌ケアなどの相談にものってくれます。ほくろを除去し、さらに美肌をつくりたいのなら美容外科クリニックが最適です。クリニック選びに迷ったら、まずはホームページを見てみましょう。そこではほくろ除去の症例や医師の実績、大まかな料金などを知ることができます。またクリニックによって使用する機器や方法なども違ってきます。そのほかに美容外科クリニックのランキングや口コミの評判なども参考にできます。ほくろの数が多い場合などは複数回の治療となることもあるので自宅から通いやすい場所にあるクリニックを選ぶことも大切です。気になる美容外科クリニックが見つかったらまずは電話などでカウンセリングの予約をします。メール予約の場合は24時間受付可能なので便利です。カウンセリングではほくろの状態や使用する機器の説明や方法、料金などの説明があります。このあとすぐに治療を受けることができますが、場合によっては治療が後日になることもあります。