医療機関での除去

顔を触る人

電気メスやレーザー

気になるほくろはコンシーラでもカバーすることはできますが、大きなものや盛り上がったタイプはメイクだけで隠すのは難しいものがあります。ほくろをしっかりと除去するのであれば医療機関での治療も検討してみましょう。ほくろ除去の治療は美容外科クリニックで提供されていますのでまずは相談してみることがおすすめです。美容外科クリニックでは美容目的の治療が行われますので、自由診療となることが一般的です。中には保険適用ができる例もありますが、その場合は悪性度が高いもの、放置していると危険なものとなりますので、美容目的で取るのであればやはり自費で支払うこととなります。美容外科クリニックではどのような治療が行われるのかも知っておきたいですが、まずはレーザーがあげられます。この場合はメスを使う必要はありませんし小さなものであれば短時間で除去ができ、傷跡も小さく抑えることができます。この他では電気メスを使った治療が選ばれることもありますが、この場合も切開ではなく、色素を削り目立たなくしていきます。レーザーは大きなほくろの場合は一度の施術で取り切れないこともありますが、電気メスの場合は一回の施術で終了させることができるのがメリットです。それゆえ、小さなタイプであればレーザーを使う、比較的大きなものであれば電気メスを利用するなど症状に合わせて最適な施術が選ばれることとなります。メスを使って取り除く場合は出血が伴うこともありますが、レーザーや電気メスであればそうした心配もありません。この他ではくり抜き法や液体窒素で除去する方法、切開法合法が選ばれる場合もあります。ほくろの悩みを解消するためには高い技術力で対応してくれる医療機関を選ぶことが大切です。技術力が低い医師が担当した場合は除去できずに残ってしまう、傷跡が目立つなどのトラブルが起きる可能性もありますので、医師の技術力の高さや実績の豊富さはよく確認しておきましょう。さらに設備が整っていることも大事ですので、レーザーなどの医療機器も最新のものが用意されているかも確認しておきたいところです。そして、美容外科クリニックでは自由診療となることも多いので、治療費用はよく確認しておきましょう。ほくろの大きさや数も人それぞれ違いがあり、数が多いとそれだけ多くの費用が必要となりますし、大きなものであれば一度で取り除くことができず、施術を繰り返す必要もあります。回数が多くなると費用も多く発生することとなりますのでカウンセリングの際はどのような治療を選ぶのか、何回ぐらい施術を行う必要があるのかはよく確認しておきたいところです。そして一回の施術費用だけではなく総額も確認しておきましょう。同じような治療でもクリニックごとに費用は違いますので複数のクリニックで比較して相場を知っておきましょう。ほくろは美容外科クリニックではレーザーで取り除かれることが多いですが、レーザー治療では一度消えたと感じていても再発してしまう場合もあります。それゆえ、もしも再発した場合も施術を無料で行ってくれる医療機関を選んでおくと安心です。保証内容はクリニックごとに違いがありますので、こちらもカウンセリングの際によく確認しておきたいところです。